toggle
ブログ
2018-04-12 | お知らせ, ブログ

最高のたまごかけごはん

 

ファームあるむ「昔ながらの庭先たまご」のおすすめの食べ方はもちろん、たまごかけごはんです。炊き立てのご飯にたまごをぽとんと落とすだけ!そしてぜひ試して頂きたいのが、塩だけ、(お好みでお醤油少々)の味付けです。ゲランドの塩など精製されていないお塩だとなお美味しいです。

お醤油をドバドバーっとかけてしまう人は、もしかしたら卵の生臭みが苦手なのかもしれません。でもお醤油をかけすぎると卵の繊細なうまみと甘みがわかりづらくなります。

ファームあるむではたまごの臭みを出さないために、小麦や大豆といった道産のえさにこだわり、魚粉を多給せず、青草をたっぷり食べさせ、毛食いのないよう健康管理をしています。薬で鶏の健康を管理するのではなく、食べ物と環境を整えて健康に導いてあげるのがおいしいたまごにつながります。

少し前、たまごが贅沢品だったころをご存知だった世代の方にも、昔食べたたまごと同じ味がする!と喜んでいただいています。

 

 

 

2018-03-03 | お知らせ, ブログ

ひどい雪!

今年は本当にひどい雪です。これでもか!というくらい降り続く雪で鶏舎のまわりも雪でうまってしまっています。特にうちは年中かけっぱなしのハウスがあるのでマメな除雪がかかせません。

はやく春がきてほしいけど、まだまだ3月は油断できませんね。

2017-01-07 | お知らせ, ブログ

今年初のひよこ!

あけましておめでとうございます!今年も鶏ともどもファームあるむをよろしくお願いいたします。

年末は一年で一番たまごが売れる時期(しかも保育園休み・・)ということで、あんまりお正月休みらしくないファームあるむでした。実は年賀状もまだ書ききっていません。まあ家畜飼ってる農家はどこも年中無休ですよね。お疲れ様です!

新年早々ひよこも農場に参戦。今日は群馬の孵卵場から空輸されてくるひよこたちを旭川空港に迎えに行ってきました。

穏やかな天気ですが雪道なので2時間近くかかりました

こんな箱に入ってやってきます。

中にはぎっしりひよこ!

せっかくの旭川でしたが、寒いのであんまり寄り道もせずに家に帰ってきました。ひよこは寒がりなのです。暖房をガンガンたいて走ります。家に帰って、暖めておいた育雛箱にみんなでそうっとひよこをいれてやりました。たまごを生みはじめるのは、すっかり雪が解けて暖かくなったころ。しばらくは3時間おきに育雛小屋に通う日々です。こまめなエサやり(授乳)が必要なのはヒトの赤ちゃんとおんなじですね。

2016-12-02 | お知らせ, ブログ

シフォンケーキ工房をつくりました

これまで上士別きずこう会さんの加工場を使って焼いていたシフォンケーキ。子育てやら農作業の合間で10キロ離れた加工場に通うのがさすがにきつくなり、自宅横にシフォンケーキ工房を思い切って建てました。

プレハブ、という手もありましたが緑の丘と森がひろがる大和の景観にはあわない・・どうせなら可愛い建物がいい!ということで地元の建築会社さんに相談をして、7坪のちいさな工房を作ってもらいました。年内はぼちぼち試運転をして、来年は直売もできるように整えていけたらなとおもっています。

dscn0050

建築予定地。

dscn0141

基礎にも断熱が入ってることに感激!(自宅は独立基礎で寒いんです)

dscn0230

完成!

 

2016-04-05 | ブログ

草をしっかり食べてます♪

あるむのたまごの大きな特徴の一つが、

草をしっかり食べている鶏たちのたまご、という事です。

春から秋は生の青草で。雪で地面がおおわれる季節は、夏に作った干し草やサイレージを食べさせています。

草をあげるのは、小麦や大豆といった穀物では取れないビタミン類を補うためです。草の色素が移った黄味の色は四季折々に色味が変化します。本当に微妙な差ですが、味もすこしづつ変化します。

上士別もやっと雪が解けて地面が見え始めてきました。草刈りができるようになるにはまだ一か月ほどかかるでしょうか。

しばらくは伸びてきた草をむしりつつ、干し草をあげることになります。鶏さん、もうすこし待っててね。

002