toggle
2019-05-10

鶏とたまごについてのご質問をいただきました

HPを見てくださったお客様からご質問をいただきました。
ありがとうございます!改めてHPを読んでみると表現の足りない部分でもあり、他のお客様も気にされるところかもしれないと思います。お時間のあるとき、ちょこっと目を通して頂けたら幸いです。

1.鶏の餌は全てオーガニックでしょうか?遺伝子組換の穀物などは使われておりますでしょうか?
鶏のえさは道産のものを使用しており、遺伝子組み換えのものは使用しておりませんが、オーガニックではありません。一部、自家製のかぼちゃや牧草などは農薬を使わず自家製の鶏糞で育てたものを使っております。

2.抗生物質は与えていますか?
3.人口ホルモン剤は与えていますか?
どちらも使用しておりません。ご安心ください!

4.鶏は野外に自由に(または制限付きで)出歩ける環境でしょうか?
当農場の周辺は野生動物が多いため、野外での放し飼いではありません。屋内での放し飼いを行っております。また一坪10羽以下で、できるだけ広いスペースを確保して飼育しています。

5.餌だけでなく、自然の草や虫(ミミズなど?)を食べていますでしょうか?
夏は青草で、冬はサイレージ(草を発酵させて保存したもの)で年間を通して草をしっかり与えているのがこの「昔ながらの庭先たまご」の特徴です。バッタ等は草刈りの時に草に混じっています。

右が牧草サイレージ。春一番の草をドラム缶につめて発酵させ、雪のつもっている間に食べさせます。乳酸発酵でおつけものの匂いがします。この他、かぼちゃのサイレージも与えています。

 

6.鶏のくちばしは切るポリシーでしょうか?
かぼちゃや草をつついて食べてもらうためにも、くちばしの切断はおこなっておりません。

たまごについて、ニワトリについて、知識もご関心もたくさんお持ちのお客様で、上記に加え、「なぜ魚粉をあたえるのですか」という大変鋭いご質問もいただきました。実は私も養鶏を始めたときに同じ疑問を持ったのでした。
これについてのご回答も、またこのブログでご紹介していきたいと思います。

ファームあるむの鶏たちについて、たまごについて。
ご質問がありましたら
info@farm-armu.comまでぜひ、お寄せ下さい♪

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です