toggle
2020-07-01

旧佐藤医院とスモークチキン

士別市朝日町の旧佐藤医院でのシフォンとたまごの販売、顔なじみの方々も来てくだり、おかげさまで完売となりました。ありがとうございました! イベント開催は2月以来です。

前日に準備をしていて、なつかしささえ感じてしまいました。

いつものことながら、にぎわいとはほど遠い雰囲気の旧佐藤医院。あまりのしずかさに、本当にお客さま来てくださるかな?と、毎回どきどきしながら、店番をしています。
でもこの、人が来なさそうで意外と来てくれる、だけどけっして大繁盛はしない・・、それが旧佐藤医院のよさです。
私はシフォンの販売を口実に、旧佐藤医院に関わらせてもらっています。

この雪の多い場所では古い建物を残すのは本当に難しく、あと一年だけ、あと一年だけ、という持ち主さんと塚田さん、会員の気持ちで旧佐藤医院は残っています。
建物の立派さとは逆の、ここが好きだったら誰でも自由にいていいんだよ、というほわっとした暖かさのある場所です。

さて、ミニミニイベントも無事終了し、
農場ではスモークチキンを作るために、ゴトウくんせいさんにニワトリを出荷しました。生まれて約2年たった鶏です。
鶏がおとなしい夜の間に、コンテナにいれて、生きたままゴトウさんに運びます。

旧佐藤医院でのシフォン販売とは真逆の、全く穏やかな気持ちにならない仕事です。今までお世話になってきた鶏たちですから楽しい気分になるはずがないですね^^;。

顔の区別のつかない鶏でもこんなにもやもやするんだったら、牛屋さんや馬屋さんはどうやって気持ちの整理をするんだろう?と思ってしまいます。家畜を飼う、というのは色んなことを考えさせてくれる仕事です。

そんなわけで、お待たせしていたふるさと納税のスモークチキン。来週には発送できそうです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です