toggle
2021-01-12

1/13~15 大寒うまいものフェア(稚内・食品館あいざわ)に参加しています。

寒さもいよいよ本格的になって参りました!この時期になると「大寒のたまごほしいんだけど」というお問合せをいただきます。

私自身があまり詳しくないので、毎年「大寒っていつでしたっけ?」とお客様に伺う始末です。。

今年はネットで調べてみました。だいたい1月から2月にかけて生まれたたまごが寒卵、大寒の当日に生まれたたまごを大寒卵というそうです。(今年の大寒は1月20日)
一年で一番寒い時期に生まれたたまごは、腐りにくいとされ(実際低温であればあるほどたまごは長持ちします。)これを食べると金運がよくなるとも言われているそうです。
もちろん私たちも長年欠かさず食べ続けてますが、真偽の程は…。

でもこのマイナス20℃の日々を耐えてたまごを産むことが出来るのは、元気なニワトリだけ!ということは間違いありません。ニワトリたちの元気を分けてもらって、今年一年を元気に過ごせるよう願いをかけてみませんか?

ということで、稚内の「食品館あいざわ」さまにて、大寒たまごフェアに参加させていただいています。稚内での販売は初めてです。

たまご以外にもおいしそうなものがたくさん載っています。私が行きたい!

今回のフェアは稚内のカヤニファームさん、札幌の永光農園さんと一緒です。どちらも大先輩です。一緒に広告にのせてもらえる時が来るなんて…。
でも後輩だってたまごのおいしさでは負けてないはず!ぜひ3つともお買い求めいただいて、お味をおためしください♪

あと今回はシフォンも販売させていただいています。なかなかイベントで稚内まではいけていなくて。。シフォンはまだ通販では販売していませんので、ぜひこの機会にお買い求めくださいませ。
今回は宅急便でお送りしたので、紙型で焼きました。ふくらし粉はつかっていません。卵白の力でふんわりふくらんでいるのです^^。
北海道に住んで13年たちますが、行ったことのある最北が中川町です。そのうち稚内も行ってみたいです。利尻も登ってみたい!

まだ小学校は冬休み中。息子は雪まみれで遊んでいます。
子供用のスキー用手袋(五本指)って、袖のところがしゅっとしてなくて不便だなあといつも思うのです。いいのないでしょうか^^;

関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す